« リトミック20 周年イベント | トップページ | 1歳リトミック秋クラス募集します! »

2008年9月 5日 (金)

印象

印象
こんにちは。ピアノの加藤です。

昨日9/4、舟田先生にお誘い頂き、田島先生と3人で、クラシックピアノの公開講座に行って来ました♪

ピアニストは「三浦 友理枝」さん。
曲を演奏しながら、どのように演奏をしたら良いかをお話しして下さるというものです。

その曲目をざっと紹介致しますと……


『ドビュッシー』

・ベルガマスク組曲より「月の光」
・版画より「塔」「グラナダの夕ぐれ」「雨の庭」
・喜びの島


『ラヴェル』
・水の戯れ


『メシアン』
・鳥のカタログより「ダイシャクシギ」

でした。

中でも『メシアン』という作曲家、耳にされた事はありますか?
彼の曲は、調号・拍の概念は無く、すごく現代的なものばかり。聴こえた音を、そのまま弾いたという感じです。
もちろん、作曲家の指示は細かくしっかりとあり、非常に計算された音楽ではありますが……。


今回の講座は演奏の前に解説があり、様々な鳥の鳴き声や海の音など、どのようにピアノで表現されているか丁寧に教えて下さいまして、そのおかげで、何とか最後まで興味を失わずに聴く事が出来ました…。

まず「ダイシャクシギ」という鳥を知りませんでしたし……。
世界一嫌いなものは「鳥」!!という私にとっては、かなりツラい時間ではあったのですが(笑)。

それでも、機会があれば演奏してみたいと思ってしまいました。


三浦 友理枝さんの演奏は、緻密なペダリングやタッチなどとても素晴らしく、楽譜に忠実に、シンプルを極めたからこそ個性が光るというのを、まさに体感しました。

演奏する時、自分らしく弾くというのは非常に大事だと思いますが、それにはやはり土台をしっかり作っていなければ……。
やりたい放題に演奏しても聴き手は感動しませんし、努力と、曲に対して真摯に取り組む姿勢が演奏にあらわれた時、心から共感できるものとなるのではないでしょうか。


三浦 友理枝さんは、イギリスの「英国王立音楽院」出身だそうです。
アルテミュージックスクールでは「英国王立音楽検定」を実施しておりますので、意欲的に参加し、是非とも世界の音楽の風に触れて欲しいと思います♪

最後に……写真は三浦友理枝さんのCDです。すごく美人な方!
ミーハーな私は、サインをしてもらいました♪
天は二物を与えるんですね…!
それではまた。

|

« リトミック20 周年イベント | トップページ | 1歳リトミック秋クラス募集します! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 印象:

« リトミック20 周年イベント | トップページ | 1歳リトミック秋クラス募集します! »