« もう高校2 年生です! | トップページ | 弦楽四重奏コンサートにて・・・ »

2010年9月 1日 (水)

英国王立音楽検定を受けた生徒が・・・

英国王立検定を受けた生徒が・・・
こんにちは。ピアノ講師の加藤です。
 
暦の上では秋を迎えても、一向に涼しくなりませんね!熱帯夜はいつまで続くのでしょうか・・・。
 
 
さて、今年の春に行われた英国王立音楽検定ですが、アルテミュージックスクールからも合格者が出ました!!
高校生の彼女は今回グレード3を受験。去年から少しずつ勉強し、見事合格となりました。
初めて挑戦した初見視奏はよく頑張りましたね!
 
彼女はソルフェージュを学び始めてから、フレーズやニュアンスの表現がより高まっていると感じています。
 

この検定は、実技でスケールやアルペジオのほか、時代別に課題曲を3曲弾きます。
それ以外にも様々なソルフェージュの試験があり、曲についての質疑応答や、初見視奏など、総合的な音楽力が必要な検定となっています。
 
 
私自身リトミックを勉強して感じたことですが、音楽を身につけるというのは、演奏の技術を身につけることとは違うのです。
 
音楽を感じられる心を育てることが最大の目標であり、より深く音楽を理解しようと思えば、総合的な音楽力、つまりソルフェージュは欠かせない要素になります。
 
英国王立音楽検定やリトミックは、音楽の本質を学べる素晴らしいアイテムですね!
みなさんも是非検定にチャレンジし、自分を高めましょう。
まずはグレード1から!お気軽にご相談下さい♪

|

« もう高校2 年生です! | トップページ | 弦楽四重奏コンサートにて・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国王立音楽検定を受けた生徒が・・・:

« もう高校2 年生です! | トップページ | 弦楽四重奏コンサートにて・・・ »